hokeneigyo

生命保険営業で新規契約を狙うためには「紹介」が欠かせません。

飛び込みやテレアポよりも効率良く契約が狙えますし、紹介してもらった人に対し失礼に
当たるなどの理由で、契約後も解約がされにくいというメリットがあるからです。

しかし、親族や知人、友人などというルートでの営業は誰もが最初に行う流れだとしても
そこで止まってしまうと、営業成績を上げるどころか、成績不良で解雇・契約終了になり
かねません。

そこで、「生命保険営業で稼ぐ会」を主宰する、現役トップセールスの高橋和也さんは、
「これさえ話せばほぼ間違いなく契約が取れる」生命保険トークというものが存在すると
いいます。

このトークを使うと簡単に新規契約が取れるだけでなく、その契約者から新たに数名程度
を紹介してくれることも珍しくないために、飛び込みやテレアポなどをしなくても次から
次へと依頼が来るようになり、機械的にトークをするだけで更に契約と紹介が得られると
いうのです。

その結果、雪だるま式に見込み客と契約が増えていきますので、保険営業で苦労すること
がなくなるどころか、今度は忙しくて休めないという「嬉しい悲鳴」になると高橋さんは
言います。

この保険営業トークは、テレショップや街頭販売で見られるような、一部の口が達者な人
しか実行できないようなものではなく、口下手な人でも実践すれば成果が得られるという
高い効果がありますし、すでに多くの人が実践して営業成績をあげています。

あなたも「雪崩のように紹介がもらえる保険営業マニュアル」を読めば、保険営業トーク
のすごさがわかりますし、納得できるのではないでしょうか。

【続きを開く】