printer

転売をするから古物商免許が必要
といった勘違いをしている人が多いのですが、中古品を店舗などで仕入れて転売するので
あれば必要ありません。

あくまでも個人や法人などから商品を買い取る際に必要になるのが古物商免許なのです。
買い取りをしなければ古物商になる必要はありません。

さて、個人などから買い取るなり、店舗などで購入するなどして入手した故障プリンター
を修理して「中古プリンター」としてヤフオクなどに出品すれば、1品あたり1万円超の
利益を出すことも十分可能
というのは、潜水士で古物商の松山大舗さんです。

潜水士がどうしてプリンター転売に関係があるのかと思ったかもしれませんが、結論から
言えば全く関係なく、あくまで松山さんが潜水士業務と並行して立ち上げた新規ビジネス
の一つでしかありません。

話を戻しますと、故障したプリンターと一口に言っても、完全に粉々に内部が壊れていて
修理不可能な状況のものを手に入れてもゴミでしかありませんが、簡単なメンテナンスを
するだけで修理が済む場合も意外に多く、そのような故障プリンターだけを選べば時間を
かけることなく出品できる状態にできる
と松山さんは言います。

しかし、故障プリンターを修理するリペアスキルがなければ、プリンターのマニュアルを
見ても故障を知らせるメッセージが出たらメーカーに修理を依頼するように書かれている
だけです。
修理の仕方を説明したマニュアルはありませんから、自力で修復するのはいうのは不可能
だと考えるのも当然でしょう。

そこで、普通に生活している限りは身に付けることが難しいプリンターのリペアスキルを
身に付けるためのマニュアルを松山さんが作成しました。

それが「プリンター修理の技術&販売の仕方」です。

マニュアルはもちろんのこと、横浜で松山さんが主宰するワークショップが定期的に開催
されていますので、参加可能な場合は直接教わると効果的ですし、遠方に住んでいるなど
の理由で難しいのであればチャットワークを使ってオンラインチャットで学ぶことも可能
です。

【続きを開く】