kongosedori

混合せどり」といわれても、意味がわからないといったところではありませんか?
何を混ぜあわせているんだと疑問に感じたかもしれません。

簡単にいえば、古本や中古カメラ、ブランド品などといった具合に、特定のジャンルの商品
にこだわることなく転売益が見込める商品を仕入れて転売する手法のことで、マーブルこと
サラリーマンせどらーの三又章さんが提唱しています。

現在は出品先としてamazonに固定しているそうですが、ヤフオクなどのように入金確認が
不要なだけでなく、amazonFBAや代行業者を使えば商品発送も代わりに行ってくれますの
で、仕入れと価格調整だけに特化できるという点が大きいのです。

しかし、ノンジャンルで仕入れを行う場合には、専門知識がないジャンルの商品を仕入れる
場合も珍しくないため、どうしても目利きがきかないケース
も出てきます。

これまでの売れ行きや転売益などを見ながら仕入れていくことが一般的ですが、得意分野や
強みを持つ目利き力に優れたせどらーと比べると、全く同じように稼ぐことは無理ですから
そこそこの利益率が得られる商品を狙ったり、特価品・処分品などを仕入れるわけです。

転売マニュアルを読めば、このあたりの方法論は手を変え品を変え、さまざまな方法が紹介
されているわけですが、知識としては身につけられても、実際に行動できない、行動しても
成果が出ないというケースが非常に多い
のです。

理由として、使いこなせるレベルまで知識を活用できていないという点が上げられます。

泳ぎ方を本を読んで学んでも、実際にプールや海などで泳げるかどうかは別問題であって、
体で使いこなせるレベルにまで高めなければ、手足を動かしても全く泳げずに溺れてしまう
だけになりかねません。

そこで、マーブル式混合せどり飛躍塾では、知識を身につけるマニュアルだけでなく、実践
することを重視しており、何かわからないことがあればメールやスカイプで質問できるだけ
でなく、リモートサポートによる作業支援や仕入れツアーなどの企画への参加優先権なども
用意されています。

【続きを開く】