komuinsiken

>>公開は終了しました<<

採用者数の減少と応募者数の増加によって、公務員試験に合格するのは年を追う毎に困難
になっていますが、試験範囲が膨大な上に、入学試験と同様に合格者数が決められている
こともあって、筆記試験においては満点を取らない限りは安心することはできません。

現実離れした想定ですが、あなたが1問しか間違えなかったとしても、他の受験生が全員
満点であれば、あなたは不合格
です。

このため、どのような問題が出題されても満点をとるというのは不可能に近いことから、
どれだけ勉強しても合格できる気がしないという点が大きいのではないでしょうか?

その一方、宮崎市の公務員試験対策スクール「ヴィッセン公務員予備校」の校長を務める
松元喜代春さんは「公務員試験に合格するための裏ワザ」が存在するといいます。

問題作成者の心理を逆に利用して、正しい選択肢を見分ける目を身につけるものであって
この裏技を知ってしまえば、ほとんど知識を使わずに問題を解けるようになるだけでなく
今までに多くの公務員試験受験生を合格させてきたと言ったら驚くかもしれません。

正解を出すために知識が求められる「知識分野」の問題において、この裏技が特に効果的
だといったら、あなたも知りたくなったのではないでしょうか。

公務員試験合格マニュアル「シークレットスキル10の裏技」では、大きく10種類の裏技
を身に付けることができますが、公務員試験であれば国Ⅰから地方初級まで幅広く使える
方法です。

この「シークレットスキル10の裏技」をマスターすれば、筆記試験で合格するまでの学習
時間を通常の1割以下に減らすことが可能だと松元さんは言います。

現代では公務員試験においても、筆記試験より面接の方を重視する傾向が見られますから
余った時間を有効活用して面接対策にまわすといいでしょう。