careman

ケアマネになったのは良いけれど、仕事は毎日トラブル続きで嫌になったこともあった
のではないでしょうか。

今まさしく、心身ともに厳しい状況かもしれませんね。

いろいろと失敗が重なってくると、どうしても精神的に散漫な状態になりやすいことも
あって、定例業務でもケアレスミスをしてしまったり、落ち着いて考えれば簡単に解決
策が出てくることであっても、頭の中が空回りして何も考えられなくなるというケース
は珍しくありません。

ケアマネとしての実務経験や知識があれば失敗が少なくなるだけでなく、より良い改善
提案などもできるようになるわけですが、実務で役立つ知識や経験を学べる機会という
のは少ない
ものです。

それこそ、OJTで身につけるべきものだといった具合に、とにかく経験することが先だ
といった状況ですから、利用者からすれば、研修代わりに使われる新人ケアマネに対し
不信感を抱く場合もある
わけです。

このような問題に対応するべく、書店などでケアマネ向けの実務マニュアルが売られて
いますし、全国各地で研修なども開催されています。

あなたも書籍を買ったり研修に参加したことがあるかもしれませんが、満足できる成果
が得られたでしょうか?

役に立った時もあれば、時間の無駄でまったく意味がなかったという場合もあったかも
しれません。

そこで、介護支援専門員の中島貫行さんが「ケアマネ初心者超実践業務マニュアル」と
いうマニュアルを公開しています。
あなたがケアマネージャーとして業務に困ることがないように、超実践的な内容の実務
マニュアルとして作成されました。

ケアマネ初心者超実践業務マニュアルは、わからないことを教えてくれる先輩ケアマネ
がいない状況でも特に役立つように、メールサポートがついています。

メールサポートは教材の内容に限るなどといったものではなく、業務上の相談や愚痴と
いったプライバシーに関わるものについても守秘義務や個人情報保護に違反しない範囲
で自由に受け付けています。

第三者にペラペラとは言えない業務ですから、具体的な業務についての相談などは節度
を持った形で行うといいでしょう。

【続きを開く】