fudosan

>>公開は終了しました<<

不動産営業住宅営業で営業成績が上がらないというのは、仕事をサボっているのと同じ
扱いをされますから、上司から説教を受けるのは当然だとして、社内での立場が弱くなる
だけでなく、成績不良による解雇は法律でも認められていますから、クビになっても文句
は言えません。

しかし、電話営業をしてテレアポを取ろうとしても全く相手にされなかったり、飛び込み
やポスティングなどを繰り返しても連絡が全く来ないケースは決して珍しくありません。

会社での営業研修も全く役に立たない内容であったり、そんな研修すらも無く、いきなり
営業をするように言われたかもしれませんね。

不動産の元トップセールスで営業コンサルタントの松井ケンタさんは、このような不毛な
営業活動をしなくても、正しい営業方法を実践すれば、苦労しなくても契約がとれること
を知る必要があると指摘します。

ただし、残念なことに、あなたの勤務先では誰ひとりとして知らなかったり、営業成績が
上位の人がこっそり実践しており、誰にも教えないケースは決して珍しくありません。

変にノウハウや手法を教えてしまうと営業成績が下がる可能性があるわけですから、特に
歩合制の場合には、自らの給料を下げるような愚かなことをやらかす社員はいません。

松井さんは営業コンサルタントとして独立したからこそ、自らが編み出した手法を教える
だけでなく、実践者からのフィードバックを元に、更にブラッシュアップし続けること

不動産営業時代よりも更に高額(?)な稼ぎを手にすることに成功しているのです。

その手法を自宅に居ながらにして学べるのが「接客テクニック改善プログラム」です。

最短1週間、長くても1ヶ月もすれば営業成績に反映されるという即効性が魅力的です。
飛び込み営業やポスティングなど、疲弊するだけの無駄なセールスは一切不要です。