mevius

メールアドレスを取得するためのランディングページは接続元の媒体によって変えた方が
良い
とアドバイスをするのは「Billionaire Design」の中川侑人さんです。

その理由はシンプルで、接続元の媒体によって情報量が違うからです。

ツイッターだと1ツイートあたり140文字が上限ですから、複数のツイートを重ねてURL
に誘導するにしても限度があり、ランディングページで詳しく説明するのが一般的ですし
他のSNSから誘導する場合は文字数に余裕があってもテキストが中心ですから画像や動画
を使った説明を追加したほうが効果的なケースが少なくありません。

その一方、ブログやサイトから誘導する場合には、無料オファーでアフィリエイターなど
に手伝って貰う場合と、セルフオファーでは誘導の仕方によっても変わりますが、十分な
説明を事前に行えば、ランディングページは申し込みフォームしか用意しないシンプルな
ものでも構わないわけです。

再度、長々とした文章や画像を読まないといけなくなるほうが逆に苦痛となってしまい、
離脱率が上がる逆効果な結果になりかねません。

そこで、「Billionaire Design」が開発したLPテンプレート「メビウス」簡単作業で
リスト取りのためのランディングページを作成できるように工夫
がされています。

文章を用意していれば素材を当てはめるだけで10分もあればデザイン性に優れたランディ
ングページを作成することができますし、マニュアルもテキストと動画で用意されている
だけでなく、サポートフォーラムで疑問を解決できますから迷う心配はありません。

ランディングページ向けの文章が書けないという人向けには、「LP作成メソッド」という
動画が別に用意されていますので、反応率の高い文章を書くためのコツが学べます。

【続きを開く】