pyoutuber

>>公開は終了しました<<

YouTuberとして稼ごうと思ったら、何か面白おかしいことをやらないといけないとか
動画収録に時間をかけて内容を練り上げないと無理だと思っているかもしれません。

トレンドになっているニュースなどをコピペして「文字が動くだけの動画」を作成したり
著作権違反行為を巧みにかいくぐるようなグレーな方法で稼いでいる人もいますが、簡単
な方法ほどライバルが多いですし、いつまで稼げるかわからないという不安を抱えながら
取り組んでいるのではないでしょうか。

スパムチックな手法は取り締まりが厳しくなって使えなくなるというのは、アドセンスや
アドワーズ、ツイッターやフェイスブックなどで見られた光景ですし、YouTubeでも規制
強化が進んでいる気配を感じているかもしれません。

早川和成さんは副業として始めたYouTubeで初月から8万円近くを稼いだといいますが
作業時間は1日1時間程度ですし、余りにもクオリティが低くダサい動画しか作れなかった
のにも関わらず、月8万円弱の稼ぎを達成できたというのです。

早川さんが実践していたのはトレンドネタを動画にまとめたものですから、あなたも既に
実践したことがあるかもしれませんが、以下の5つのポイントでズレが出てしまうと努力
しても、ほとんど成果は出ない
と指摘します。

  • 動画のネタ
  • タイトル
  • サムネイル
  • タグ
  • 説明欄

そこで、具体的にどうすればいいのかをまとめたのが「Pinpoint YouTuber」です。
この5つのポイントさえ抑えておけば、脳みそを使うこと無く単純作業を繰り返すだけで
酒に酔った状態で動画を作っても稼げるようになると早川さんはビール片手に動画を作成
して稼いだ実績から断言します。