転売ビジネスで小遣い稼ぎをしたいのであれば、パワーせどらー達がバリバリ戦っている
フィールドに参入するのは間違い
だと指摘をするのは、ゆっくりせどらーのあむむさんと
岡本さんです。

せどりに投入できる資金力もや人的資源も異なれば、使える時間にも大きな違いがあると
いう中で、圧倒的に不利な状況で同じように実践しても勝てるわけがありませんし、何か
スキマがあるのではないかと探しても、豊富な時間的余裕とコストを使って全てのスキマ
をパワーせどらーが占領しているといったケースも珍しくありません。

店舗仕入れでも、パワーせどらーになると在庫全てを買い占めるといったケースが目立つ
ようになってきました。何百万、何千万と支払って、用意したトラックで持ち帰るという
状況ですから、その後に仕入れに行っても、仕入れたい商品が何もないのは当然です。

このため、パワーせどらーが費用対効果が悪いからといって参入しないジャンルを狙う方
が、個人の小遣い稼ぎのレベルであれば、十分なビジネスチャンスが存在する
わけです。

その中で、あむむさんが推奨するのが「絵本せどり」です。

それほど転売益が大きくない上にクリーニングなどに手間がかかるため、パワーせどらー
が好んで参入するジャンルではない
という点が挙げられます。

つまり、安定的にレッドオーシャンから抜け出すことが可能になるわけです。

個人レベルの専業せどらーであれば、絵本せどりに取り組んでいるケースも見られますし
外注や代行を使う人もいますが、全てを買い占めるというよりは、自らの労働を減らして
情報発信やコンサルなど、他の作業をするために利用するケースが多いです。

そこで、この絵本せどりで「手間をかけて」稼ぐ、初心者向けの転売メソッドを、あむむ
さんが「はじめてでもかんたんな絵本せどり」というマニュアルにまとめました。

【続きを開く】