翻訳者で稼ぐのは難しいとか、google翻訳などのツールに仕事が奪われるから、将来的
にジリ貧になるのは確実
などと言われますが、本当に正しいのでしょうか?

結論から言うと、非常に個人差が大きいといえます。

翻訳業務だけで年収1000万円を超えていて、仕事を断らないと年中無休で働かなければ
いけなくなると嬉しい悲鳴を上げる翻訳者もいれば、年収100万円に達しない人も多く
いますが、平均すると年収300~500万円程度という人が多いようです。

誰でも行える翻訳は値崩れが激しい一方で、ライバルが少ない専門用語だらけの文章の
翻訳などは比較的、報酬が高い傾向
です。

映画や書籍などの翻訳は、売れ行きに左右される面が大きいですし、大御所が独占して
いるようなものですから、後発組が割り込んで仕事を奪い取った上で、ヒット作を翻訳
するというのは奇跡に近いと言わざるを得ません。
宝くじで億単位の金額を手にするかどうかという確率ですから、まず無理でしょう。

そこで、あなたも翻訳者として活躍したいと思ったのであれば、20年以上の実績を持つ
ICA実務翻訳家養成スクール主宰の「ビジネス翻訳家養成プログラム」が効果的です。

ビジネス翻訳家養成プログラムは、ただ英文和訳と和文英訳ができるようになるだけで
なく、ビジネス分野の翻訳で必要な専門知識をコンパクトに学習できるという点が実務
に直結しているという点で役立ちます。

実際に、ビジネス翻訳家養成プログラムの修了生は次々と翻訳の仕事を獲得することに
成功していますし、翻訳した文章の品質が高いことから依頼主からの信用を得て注文を
リピートしてもらえる
というケースは珍しくありません。

ビジネス翻訳家養成プログラムでは、テキストと動画を使って学習を進めていきます。
現場で使える翻訳技術を自宅に居ながらにしてマスターできます。

【続きを開く】