>>公開は終了しました<<

保険営業が行うセールスの手法としては、大きく

  • 紹介営業
  • 飛び込み営業/訪問営業
  • 店舗営業

にわかれますが、紹介営業は保険営業を始めた直後に親族や友人、知人にまわって
しまうと、それ以降の新規開拓は無理
だと思っていませんか?

親族の知り合いや、友人の友人などとなると、なかなか紹介してもらうのは難しく
なる傾向が見られますから、一通りまわってしまうと、その後は行き詰まる場合が
珍しくありません。

その一方、トップセールスは自分が会いたい人を紹介してもらう仕組みを構築する
ことで、いつでも好きな時に見込み客を集められますし、売上を上げることも可能
だと指摘をするのは、保険セールスでトップ0.02%に入っているという小林央さん
です。

つまり、自分が会いたい人を紹介してもらうスキルを身につければ、あなたも営業
成績を一気に引き上げることが可能になりますし、現時点で使える人脈が乏しいと
いう状況でも心配する必要はありません。

小林さんが作成した「トップセールスの紹介営業」では、この自分が会いたい人を
紹介してもらうスキルの身につけ方を説明していますが、具体的には5つのことを
実践するだけで十分だといったら驚くのではないでしょうか。

その後、紹介してもらった見込み客に対してプレゼンテーションを行うわけですが
そこではセールスなどは一切行いません。
いきなり売り込んで成約させようと思っても、まず無理だからです。

あることを行うことで、いきなり契約が増える場合も珍しくありません。