貯金がないのにクビになったり、ブラック企業で働き続けていると死ぬのは確実だと
いうので退職したのはいいけれど、生活費や転職活動をする際の資金が足りないから
ということで不安を感じていませんか?

解雇の場合には、失業手当が退職日から支払われますが、自己都合の場合には3ヶ月
後からしか受け取れませんし、金額も不十分なために困っているかもしれません。

伊東知隆さんは自己都合での退職でも、明日の生活に不安にならずに済む程度の安定
的な金額であれば、1年半から2年程度は受け取り続けることが可能
だといいます。
このお金は、生活保護ではありませんし、生活保護よりも確実に受け取れます。

また、退職後に請求された税金を合法的に減らすことも可能です。
場合によっては、納税額を7割程度も合法的に減らせますので、絶対に実践した方が
いいでしょう。
合法的な節税法ですから、税務署からの問い合わせや税務調査などもありません。

更には、失業中は保険料を払わなくても年金がもらえる方法がありますし、賃貸住宅
に済んでいるのであれば、家賃の補助も受けられます。

いずれも、書類を作成して提出するだけですから、手間も時間もかかりません。

窓口によっては、支出を減らしたいためなのか、職員が嘘をついてデタラメな説明を
行う場合もありますが、あなたは騙されてはいけません。

このように職員に嘘をつかれた場合でも、対応策があると伊東さんはいいます。

その方法も含まれているのが「会社を辞めて不労所得で生活する法」です。

【続きを開く】