書店にビジネス書のコーナーに行くと、必ず見かけるのが「ビジネス文書の書き方」などと
内容の書籍です。

書店で本を買わなくてもgoogleなどで検索すれば、書き方について説明したWebサイトは
いくらでも見つかりますし、フォーマットやテンプレート、文言集なども手に入りますので
学生時代に国語や作文が苦手だった人でも無理なくビジネス文書を作成できると思われがち
です。

しかし、実際には上司に文書のチェックをお願いするとダメ出しの連続で何度もやり直して
ようやく終わることができるか、いつまでたっても修正ばかりで別の人に作業をふられると
いった状況ではないでしょうか。

メールなどを送信しても、送信相手に意図が伝わらずに、質問やクレームが返ってきたり、
何度も確認のための電話がかかってくるといった状態かもしれません。

金子誠志さんは、書籍やWebサイトなどでビジネス文書を作成する勉強をしたり、文例集や
テンプレートなどを使っても上達しない原因として、

  • 構成力(文書の組み立て方に関する知識)
  • フレームワーク力(文書雛形の知識)
  • 見出し力(キャッチコピーについての知識)

のうち、一つでもかけていることが原因だと指摘します。

これら全てを網羅的に説明している書籍やWebサイトがなく、これさえあれば十分といった
類のものばかりなのが、なかなか上達できない理由となっています。

そこで役立つのが、金子さんの「ビジネス文書を書くスキル」です。

全て動画で説明していることからわかりやすい上に、1年以内であれば無条件の全額返金に
対応
していますので、購入後に「しまった」と思っても心配はありません。

【続きを開く】