SEO対策済テンプレートといったものが売られていますが、その中身としては、

  • HTML構文チャッカーで100点満点
  • 適切なHTML構造
  • 見出しタグの最適化
  • パンくずリスト
  • レスポンシブWebデザイン
  • ページネーション
  • ソーシャルボタン

といった機能が搭載されているという程度です。

レスポンシブWebデザインはモバイルフレンドリーアップデートをクリアするために欠かせ
ませんが、それ以外の機能があるからといっても、必ずしも上位表示が約束されているわけ
ではありません
し、これらの機能が全くないテンプレートを搭載したWebサイトやブログが
上位表示しているケースは決して珍しくありません。

ペンギンアップデートの自動化によって、被リンクだけで上位表示することは難しくなって
いますし、パンダアップデートやクオリティアップデート、ペイデイローンアップデートや
通称「WELQアップデート」「フレッドアップデート」など、低品質コンテンツを排除する
ための仕組みが次々と導入されています。

今後も、ペナルティの種類は追加・統合されながらも、全体として強化されるのは確実です
から、テンプレートだけではどうしようもないケースも珍しくありません。

そこで、テンプレート自体でマイナス評価をされないようにするだけでなく、カスタマイズ
しやすいように配慮されたWordpressテーマ「AFFINGER4」と、AFFINGER4を使いこな
して上位表示を達成するために、具体的に何をすればいいのかをまとめたマニュアルが用意
された「稼ぐサイトの設計図」が役立ちます。

サイト構築、記事作成での生産性向上はもちろんのこと、アフィリエイトやビジネスで最も
重要となる、売上を最大化するために何をすればいいのかが明確にわかります。

【続きを開く】