風俗産業は全体的に売上が下がっていると言われていますが、その中でも、右肩上がりで増え
続けているのがデリバリーヘルスデリヘル)です。

年間5兆円産業と言われる風俗産業の約4割を占めるまでに成長しており、この割合は今後も
増え続けることが予想されます。

しかし、市場規模が拡大しているからと言って、デリヘルに新規参入をすれば誰でも稼げると
いうほど甘い世界ではありません。

デリヘルを新たに始めた店舗のうち、数年以内に9割以上が廃業に追い込まれるというデータ
がある一方で、残りの1割の中でも、売上が横ばいのまま続くケースもあれば、右肩上がりで
売上が増え続けていき、2店舗目、3店舗目と業務拡大に成功しているケースもあります。

この違いとして、風俗系サイトの作成を得意とするホームページ作成業者で、自らもデリヘル
を運営しているという鈴木浩さんは、競合他社との絶対的な「格差」を作り出せるかどうかが
重要なポイント
だと指摘します。

今となっては人妻専門デリヘルというのは珍しくもありませんが、若い女性ばかりをデリバリ
していた頃には目新しさもありましたし、現在でも、例えば「人妻+α」といったコンセプト
を打ち出すことで繁盛店にすることは可能です。

もちろん、斬新なコンセプトを打ち出しても需要がなければ意味がありませんし、サービスを
提供する女性店員の確保や接客などの教育が不十分だと、売上が伸びずにコストばかりが増加
するという結果になりかねません。

お客さんが増えないからといって安易に値下げをすると、売上・利益ともに増えていかないと
いう悪循環に陥るなど、いきあたりばったりにデリヘル運営を進めていくと失敗するのは確実
です。

そこで役立つのが「デリヘル開業マニュアル」です。

デリヘル開業までの手続きや書類といったものだけでなく、繁盛店になるためのシステム作り
やノウハウなど、繁盛店の成功事例や赤字続きで廃業に追い込まれた失敗事例などをもとに、
具体的でわかりやすく説明しています。

【続きを開く】