infinilink

ブラックSEOは絶対悪といった印象を持っていませんか?

一般的には悪いことだと思っておけば問題ありませんが、完全アウトというわけではなく
グレーゾーンも幅広く存在するのがSEOの世界です。

googleなどのさじ加減ひとつで、ペナルティを課されるのか、それとも、プラス評価に
なるかが決まるわけですから、対応を間違えれば泥沼にはまる結果になることは言うまで
もありません。

もちろん、慎重に上位表示を目指したいというのであればホワイトSEOだけを実践すると
いうのでも構いませんが、あなたがブラックSEOを行わなくても、誰か知らない人が悪意
を持って、あなたのサイトを潰すために仕掛けてくるケースがあるわけです。

さて、トレフルカトルの「Infinilink」は、クリアイズムが販売している「リンクロ」の
OEM供給を受けたものであり、ツールの仕組み自体はリンクロと全く同じです。

Infinilinkの被リンク供給元はリンクロとは異なるサイトやブログだとトレフルカトルの
古谷鉄夫さんは説明していますが、Infinilinkの利用者同士が片道リンクを張り合うという
仕組みについて独自に検証したところ、リンクロと共通して運用しているようです。

リンクロで登録したURLがInfinilinkでも出現していたことを確認しました。

しかし、決してこの動き自体が悪いと言っているわけではなく、被リンクの幅を広げると
いう点では効果的である一方で、類似ジャンルのWebサイトやブログから被リンクを獲得
した方がリンクの価値が高まるのが最近の傾向
ですから、どのようなジャンルのサイトや
ブログから被リンクが送られるかわからないという点はマイナスと言えるでしょう。

ジャンルの違いをカバーするような価値の高い被リンクもありますし、コンテンツ自体の
価値も重要ですから一概には言えませんから、検索エンジンのクローラーを集めやすいと
言う点では意味があります。

【続きを開く】