media

広告宣伝費を確保するのが難しい個人商店や中小・零細企業などがコストを掛けずに宣伝
が出来るだけでなく、会社や商品名、あなた自身などの知名度を上げる方法として役立つ
のがマスコミです。

特にローカル局や地方新聞などは記事ネタが乏しいこともあって、日々新たなネタ探しに
右往左往しているわけですが、あなたの店舗や企業などの存在を知らなければ、取材対象
に入ることもありません
よね。

もちろん、あなたがテレビ局やラジオ局、新聞社などに闇雲に電話をかけたところで取材
してもらえるどころか、広告担当部門に転送されて、おいくらで広告を出したいですかと
いった具合にビジネストークを繰り広げられるだけです。

スピーチ&セミナーコンサルタントで、元アナウンサーの三橋泰介さんは、マスコミから
取材される仕組みを作ることが重要だと指摘します。

三橋さんはレポーターなどという形で取材に出掛けていたことも多かったといいますから
「取材をする側の人間」として、どのようにアプローチすればマスコミから取材を受ける
ことができるのかを熟知しています。

言うまでもありませんが、事件や事故、不祥事だけがマスコミから取材を受ける方法では
ありません。

飲食店やサロンなどで、新聞やテレビなどから取材を受けましたといった記事が貼られて
いる光景を見たことがあると思います。
中には、宣伝費を支払って取材してもらったケースも有りますが、大半はマスコミのほう
から取材をしたいという要望がきて記事にしてもらっているのです。

単なる偶然の場合もありますが、マスコミから取材される仕組みを作っている所のほうが
取材を受ける確率は高い
ですね。

このマスコミから取材される仕組みの作り方を、三橋さんがメディアに取材される方法
いうDVD動画教材としう形式で公開しました。

それこそ、必要なコストは数百円レベルという、極めて少額でも可能なのです。

【続きを開く】