shakaihoken

社会保険料の支払いを削減する方法といえば、社会保険労務士が行うイメージがつきもの
ですし、胡散臭いコンサルティング会社が指南する方法は厚生年金や社会保険を脱会して
国民年金や国民健康保険に押し付けるといったものばかりです。

社会保険や厚生年金のように会社の持ち出しがなくなりますから、会社の支払いは減らせ
ますし、従業員5人以上の企業は社員を社会保険と厚生年金に加入させる義務があるとは
いっても、社員を加入させなかったからといっても罰則はありませんから、労基署や社会
保険事務所が何度も「指導」をするだけで終わりです。

実際に、大企業を除けば社会保険や厚生年金自体が存在しない企業は数多くありますから
極めて特殊な事例というわけではありません。

なお、いったん厚生年金や社会保険に加入してしまうと、脱会するには会社を倒産・廃業
させる必要がありますが、丸ごと別法人に移動させるといったテクニカルな手法を使えば
可能だとしても、税務署からは脱税を疑われて痛くもない腹を探られますし、従業員から
すれば福利厚生のレベルが落ちるわけですから、嫌がられるのは当然でしょう。

このような痛みを伴うだけの社会保険料コストの削減ではなく、従業員はコスト削減分を
給料アップなどの形で恩恵が受けられるようにすれば大いに喜ばれますし、必要な作業も
それほど多くないとなれば、多くの企業が興味を持ちますし、実際にコストを削減させて
いる企業が少なくありません。

その一方、社会保険料コスト削減コンサルティングを行う側は、毎年、安定的にコンサル
費用を受け取れます
から、企業が倒産しない限りは景気に左右されない安定的な収入源と
して活用できます。

あなたも、社会保険料削減コンサルタントとなって新規契約だけ注力すれば、あとは安定
報酬が得られるビジネスを始めませんか?

企業が相手ですから、さすがに週末だけスキマ時間を使って起業というのは難しいですが
収益が安定しない個人事業主や零細企業が「新規ビジネス」として取り組むのには有望な
ジャンルです。

【続きを開く】