siire

中古カメラ転売というと、仕入れ方は大きく以下の2種類にわかれます。

  • 店舗仕入れ
  • ネット仕入れ

店舗仕入れの場合、東京中野などにある開店前の中古カメラ店を見たことがあれば、どの
ような状況なのかは予想がつくと思いますが、開店と同時に専業せどらーと思われる人が
次々と商品を仕入れていくという光景が繰り広げられています。

もちろん、転売益が比較的小さな商品であれば夕方以降でも売られていますので、全くの
無駄足になることは少ないとしても、転売益の大きな商品は朝のうちに消えている場合が
珍しくありません。

古物商免許を持っていれば買取ができますが、どうしても安定的に仕入れられるとは限り
ませんから、ある程度はカメラ店を回って仕入れないと稼ぎたい金額に見合った商品数を
集めることは困難です。

その一方、ネットオークションやネットショップなどから仕入れる場合には、何も考えず
リサーチを続けていても稼げる商品が見つかるとは限りませんし、適当に探して見つけた
商品であればライバルも簡単に見つけられますから仕入れるのが難しい
という結果になり
かねません。

ネットでの仕入れは、極論すれば世界中を相手にしているようなものですから、カメラ店
で仕入れるよりもハードルが高いといっても過言ではないでしょう。

そこで、ライバルよりも安く仕入れられるスキルを身につけることが必要になるわけです
が、それだけでは片手落ちです。

いくら安く仕入れられても、出品して安く買い叩かれてしまっては意味が無いからです。

そこで役立つのが、カメラ転売仕入れ特化型シークレットコンテンツ動画集です。

「カメラ転売の達人」ロキさんが、どうやってカメラを安く仕入れて高く売っているのか
を動画で全て解説しています。

知識として知っていないと、独学でカメラ転売を繰り返しているだけでは中々気づかない
ことが少なくありませんので、この機会に知っておくと効果的です。

【続きを開く】