5nin

家族経営や従業員を入れても5名以下の零細商店が、大型店舗と同じように運営したところ
で、うまくいかないのは当然
です。

元広告代理店勤務で、現在は独立して株式会社メディアミックス総合研究所の代表取締役を
務める柚垣礼和さんは、まず最初に「集客」をしなければ、商品やサービスの質をあげても
意味がないばかりか、廃業への近道になりかねないと指摘します。

大手企業と同じように広告・宣伝をするのは費用的に無理でしょう。

また、お客さんがあなたのお店に来なければ口コミが起こるわけがありませんし、サクラを
使って口コミを捏造するにしても拡散しなければ意味がありませんから、ある程度の人数が
必要ですから、決して現実的ではありません。

そこで、ブログが良いと聞いたらアメブロを開設して記事を追加したのはいいけれど、全く
といっていいほど集客効果がなかったので、いつの間にかほったらかし
という状態になって
いませんか?
規約違反などと言われて、いつの間にかブログが消えていたという経験をしたこともあった
かもしれませんね。

今度はツイッターだ、フェイスブックだ、LINEだという具合に、さまざまな方法を試した
ところで満足できるような効果が得られず、結局は値段が一番ということで値引きをしたり
無料サービスを拡充するなどといった対策しか思い浮かばないのではないでしょうか。

しかし、値段を下げると客層が悪くなることが一般的です。
値引きをやめれば来店しなくなりますし、その上、要求水準は非常に高いことから、相手を
するのに疲れてしまうわけです。あなたも経験したかもしれません。

柚垣さんは、さまざまな業種の零細商店やサロンなどの経営者を相手に、小規模だからこそ
実践できる集客方法を教えてきたわけですが、チラシであればチラシの役割、SNSであれば
ホームページであれば・・・といった具合に、役割分担と、どのように組み合わせればいい
のかといった具合に、「集客の仕組み」を正しく理解できていないと集客効果は得られない
と指摘します。

この集客の仕組みを、あなたが自宅で学べるように「5人以下のちっちゃなお店がするべき
集客方法
」という動画マニュアルを柚垣さんが公開しました。

あなたのお店にあった最適な集客方法を、自力で実践できるようになります。

【続きを開く】